肌と冬と中学生について

中学生の時代に出来るニキビと、成人をしてからできるニキビでは、そもそもの理由が違います。ティーンエイジャーの時代は皮脂分泌も盛んですので、いわゆる青春ニキビができることになりますが、これはその時期だけの一時的なことです。下手に市販の医薬品で抑えたり、強い洗顔料を使うとニキビ跡が残ることもありますので、ただし洗顔と保湿に食事で対処をすれば、青春ニキビは落ち着く時期が必ず訪れることになります。

しかし10代でできるニキビとは異なりまして、20歳を超えてできるニキビといいますのは、青春ニキビとは全く違います。大人ニキビは原因があまりにも複合的で、何回でも出てくるタイプになりますので、かなり面倒なタイプです。その原因があまりにもいろいろあるので、何から問題解決をするべきか迷うでしょうが、清潔にすることと、生活習慣を見直すことを、最初に改善の項目とすることです。

大人になると生活のスタイルが乱れ始めますし、親が面倒を見てくれたように、食事や睡眠の管理はできなくなります。そこに加えて社会人になってストレスが多くなりますし、全てにおいてバランスの乱れがたたって、ニキビなどの肌荒れを起こしやすくなります。洗顔をして肌を清潔にするのは大事であり、夜は早く布団へ入り眠るようにすることです。皮膚の修繕は深夜の時間帯に行われるので、深夜には夜ふかしを市内で寝たほうが、大人ニキビの改善になります。

冬の季節の季節は気温が一気に下がって、空気も乾燥をしますので、お肌は乾きやすくなります。寒い時期ではありますが、化粧水を洗顔後にたくさんつけてから、クリームで仕上げておきましょう。乳液は軽いので、冬はクリームがマストです。

ページの先頭へ戻る